2015年11月19日

小児はりについて  1


「小児はり」は、文字通りお子様を対象とした鍼灸治療です。
痛くも熱くもありません。安心してお受けになれます。江戸時
代に日本で発祥し日本が世界に誇れる医療です。

近年、副作用がなく、自然治癒力を高める治療法として、世界
より注目されております。

生後直ぐより治療が可能です。小さなお子様に小児はりを施し
ますと、丈夫で健やかに成長します。
大坂はじめ関西以西は定期的に小児はりをする習慣が根付い
ています。しかし残念なことに東京近郊をはじめ東日本では
あまり知られていません。

アトピー皮膚炎・湿疹・小児喘息・夜尿症・夜鳴き・便秘・下
痢・食欲不振・風邪を引きやすい・てんかん等など、適応する
病気は多岐にわたっています。

お薬を塗ったり飲んだりすることは、子供にとって必ずしも好
ましいことではありません。
しかし西洋医療発展の恩恵を受けている事も事実です。
「小児はり」の併用で食物アレルギー反応やお薬による副作
用の軽減なども十分期待出来ます。

「はりを子供になんて」とか「きっと痛がって泣かれてしまう
はず」と思うお母様方は、多いことと思います。そんな事はあ
りません。
はりは刺しませんので、痛くありません。怖くないとわかった
ら、お子さんは笑顔で通院してくれます。


写真下は、「小児はり」をするときに用いる「治療器具」です。

P1050066.JPG


ご覧になっていただいたらお分かりのように、針先はまるくな
っています。また、体の中に差し込むような構造にはなってい
ませんので安心して治療が受けられます。


posted by 高見 清 at 17:26| Comment(0) | お知らせ

2015年07月02日

鍼灸治療はどういう時に受診するのでしょうか?



平成26年7月1日(火)夜7時に某番組で、タイトル『東洋医学VS西洋医学』で
鍼灸治療について放映がありました。その内容は、

1、 鍼灸治療は、急性期の病気に対し速効性があること。
2、 鍼灸治療は、内科疾患をはじめとした多くの病気に効果があること。
3、 鍼灸治療は、全ての病気が治るわけではないこと。
4、 鍼灸治療は、副作用がないため、妊婦や子供に適した治療法であること。
5、 鍼灸治療は、小児の病気に対応可能な治療法であること。
6、 鍼灸治療は、現代医学に基づく科学的な研究が進んでいること。
7、 鍼灸治療は、西洋医学と連携が可能な医療であること。
8、 鍼灸治療は、治癒が困難な末期がん患者に対し疼痛緩和が可能な医療であること。

以上のように鍼灸治療の大きな特徴が放映されました。

(明治国際医療大学 たには会関東支部会報より抜粋)

近日中に具体的な適応が期待できる症状を掲載します。






posted by 高見 清 at 18:20| Comment(0) | お知らせ

2015年06月19日

永福分院 道案内(北口出口)


北口方面へ直進です。(南口からも行けます。)

P1050050.JPG

エレベーターを降り右手踏切を渡り1つ目の信号越えます。

P1050052.JPG

ファミリ―マートを目印に信号を越えたら左側となります。

P1050058.JPG

杉並区永福1−39−18 井の頭線永福駅徒歩1分 
posted by 高見 清 at 17:25| お知らせ