2016年11月14日

高見はり灸院 診療手順


@カルテを記載します。書ける範囲でお願いします。治療方針の
 参考となります。

P1050032.JPG

A問診とともにお腹を触診します。

P1050028.JPG

B肘から手先、膝から足先を触診します。

P1050027.JPG

C首、肩、背中を触診します。

P1050030.JPG

D手首の脈を診ます。

P1050024.JPG

Eはりをします。

P1050031.JPG


・はりは痛くありません。深く刺す事もありません。電気を流したり
 はりを刺したままにはしません。お灸は熱くなく暖かさを感じる程
 度です。

・乳幼児からご年配の方まで安心して受けられます。

・治療時間は30分ぐらいとなります。

・治療を受ける際は、肘から手先、膝から足先、お腹、首周り、悪
い部位が施術出来るような服装でお願いします。

・治療中何度も手首の脈を診ます。これははりをした効果判定と
治療手順の確認をとるためです。



posted by 高見 清 at 18:13| Comment(0) | お知らせ

2015年11月19日

小児はりについて  2


「小児はり」は、さまざまな病気・症状に効果があります。

代表的な症状のひとつに、「アトピー性皮膚炎」があります。

アトピーとは、「原因不明の」「よくわからない」という意味
ですが、お子様に出た「よくわからない湿疹」の背景には、便
秘がよく見られます。特に、人口授乳をしている赤ちゃんは、
生後半年以内によく発症します。
「よくわからない湿疹」にたいし、皮膚科でもらったステロイ
ドを塗っているうちに、本当の「アトピー性皮膚炎」になり、
大人になっても治らない人をよく見かけます。

はり灸治療をしていただくと便秘はもちろんその湿疹も少しず
つ治まってきます。
頭部、顔面、頚、顎などの湿疹も回数を重ねる事で改善が期
待できます。
アレルギーやアナフィラキシーをお持ちのお子さんの敏感さも
軽減していきます。
生まれながら風邪をひきやすく常に鼻水、くしゃみ、咳をお持
ちのお子様も小児はり治療を続ける事で元気になり、お子様
同志からうつされて風邪をひいても不機嫌な症状にも変化が
出てきます。


西洋医学の恩恵と共に東洋医学の恩恵である小児はり治療
併用をおすすめします。小児は大人に比べ自然治癒能力が
強く良く効きます。


DSC00624.JPG




posted by 高見 清 at 17:28| Comment(0) | お知らせ

小児はりについて  1


「小児はり」は、文字通りお子様を対象とした鍼灸治療です。
痛くも熱くもありません。安心してお受けになれます。江戸時
代に日本で発祥し日本が世界に誇れる医療です。

近年、副作用がなく、自然治癒力を高める治療法として、世界
より注目されております。

生後直ぐより治療が可能です。小さなお子様に小児はりを施し
ますと、丈夫で健やかに成長します。
大坂はじめ関西以西は定期的に小児はりをする習慣が根付い
ています。しかし残念なことに東京近郊をはじめ東日本では
あまり知られていません。

アトピー皮膚炎・湿疹・小児喘息・夜尿症・夜鳴き・便秘・下
痢・食欲不振・風邪を引きやすい・てんかん等など、適応する
病気は多岐にわたっています。

お薬を塗ったり飲んだりすることは、子供にとって必ずしも好
ましいことではありません。
しかし西洋医療発展の恩恵を受けている事も事実です。
「小児はり」の併用で食物アレルギー反応やお薬による副作
用の軽減なども十分期待出来ます。

「はりを子供になんて」とか「きっと痛がって泣かれてしまう
はず」と思うお母様方は、多いことと思います。そんな事はあ
りません。
はりは刺しませんので、痛くありません。怖くないとわかった
ら、お子さんは笑顔で通院してくれます。


写真下は、「小児はり」をするときに用いる「治療器具」です。

P1050066.JPG


ご覧になっていただいたらお分かりのように、針先はまるくな
っています。また、体の中に差し込むような構造にはなってい
ませんので安心して治療が受けられます。


posted by 高見 清 at 17:26| Comment(0) | お知らせ